社長メッセージ

message

つよい未来をつくろう。

明治30年に大嶽乙三郎の個人営業により安城にて建築材料、雑貨販売業を開始。
その後、昭和30年に組織変更のもと株式会社大嶽安城を設立させました。以来、セメント関連をはじめ、土木建築関連の製品及び原材料の販売から生コンクリート製造事業、コンクリート構造物の補修・修繕、地業工事等、事業領域を拡大。
現場に応じた最適な製品・施工をご提案し高品質を安定供給させることで、社会インフラ事業の一端を担ってまいりました。

コンクリートの寿命は、好条件のもとで100年程といわれていますが、原材料、製造技術、施工方法、設置される環境によっても大きく変わってきます。つまり、品質を支える根源でもある、私たち生コンクリート製造技術や品質の精度が、50年…その先の未来における品質に大きく影響するといえます。

「何十年先のつよい未来は、今私たちがつくっている」。その責任の重さを胸にさらなる製造プロセスの最適化をめざし、メーカーとの連携による製品開発、独自工法にも力を入れてまいります。また、社員一人ひとりの専門性と自立的な行動力を高め、包括的なソリューションを可能にする事業領域の進展で社会に貢献し、地域に愛されつづける企業を目指してまいります。

代表取締役社長 大嶽 恭仁子

経営理念

business policy

『誠実と信頼』を胸に永続的な成長と発展を通して社会に貢献し、
社員と社員の家族の幸福を目指します。

社員信条

our way

自分に誠実であること
仲間に誠実であること
お客様に誠実であること
提供するものに誠実であること
誠実に企業活動を行うこと
信頼できる仲間づくりをすること
お客様に信頼されること
信頼できるものを提供すること
地域社会から信頼される企業であること

行動指針

code of conducts
  • 『人』
    • 人として生きていること、仕事があることに感謝し、関わる人を思いやる心を持ち、愛される人であること
    • 自分自身を偽らず正直でいること、また苦境に立たされたとき目を背けたり自暴自棄になるのではなく、困難でも乗り越える強い心を持つこと
    • 起きていることは自分の責任であり、他人や境遇を責める前に自分自身の行いを振り返ること
    • 自己研鑽を怠らず自信のスキル向上に努めること
  • 『仲間』
    • 自分本位な言動を慎み、共に働く仲間を尊重し気遣う心を持つこと
    • 自分の置かれている立場を理解し、その責任と役割を自覚することそして自分のためだけではなく仲間のために働くこと
    • 憶測や想像だけでなく正しい情報のもとで判断し伝えること
    • いかなる立場であっても傲り高ぶることなく、人として関わり合うこと
    • 報連相を徹底すること
  • 『お客様』
    • 常にお客様の目線に立ち、何が求められているかを考え、求められていること以上の貢献ができるよう知恵を絞り行動すること
    • お客様から信頼していただけるよう、迅速で正確な対応をし、確認を怠らないこと
    • お客様とは WinWin の関係になれるよう信頼の構築に努めること
  • 『提供するもの』
    • 商品、サービスは「もの」だけでないことを理解すること
    • 提供させていただく商品、サービスは自分が自信の持てるものでなければお客様に満足していただくことはできない
    • 提供させていただく商品、サービスは社会的使命と責任があることを自覚すること
  • 『企業として』
    • 永続的企業として長期安定利益と価値創造が必要なことを理解すること
    • 法令等を遵守し社会良識に反する企業行動は行わない
    • 雇用し続けること、人が仕事を通して成長しいきいきと働ける場を提供すること
    • 地域社会の一員として責任を果たし、地域の発展に寄与し地域貢献を行うこと
    • 社会から必要とされる企業であること
ページトップへ